設計・監理の流れ  建物が完成するまで

1.お問い合わせ

クライアントとの出会いは場合により様々ですが、まずはお互いによく知ることから始めましょう。お話しすることで私どもに興味を持っていただいたり、一緒にやってゆけそうだと感じていただければ、さらに具体的なお話を伺います。

 

2.敷地見学

建物はその用途とそれが建つ敷地によって規定されます。ですから、まずは敷地を拝見させていただき、敷地とその環境を知ることが重要です。敷地への理解はご要望のヒアリングと合わせ、どのような建物が可能かの検討の礎となります。

 

しかし、敷地がなければ話が始まらないかというとそうでもありません。いまだ敷地が決まっていない場合でも、ヒアリングを通じ逆にどのような環境がよいのかを整理することで、敷地探しの手がかりとなる場合もあります。ご一緒に敷地探しからでもご相談ください。

 

3.基本計画

敷地やご要望をお伝えいただければ、何度かのやり取りをもとに、ご要望を少しずつカタチにしてゆきます。 模型やスケッチを使ってできるだけわかりやすくご説明できるように努めてまいります。この様な作業を繰り返し、「この家を作りたい」となれば、設計契約をしていただきます。

 

4.基本設計

基本計画で家づくりの骨格を確認しましたら、平面図のみならず、階層の構成や各部の仕上げ、ものの置き場所や冷暖房など設備計画をふくめ、どのような暮らしを望まれるのか、一つ一つ確認して行きながら、骨格を固めてゆきます。

 

5.実施設計

基本設計で固まった案を工務店さんが工事見積もりをできるように、そして、実際に工事ができるように各種仕様を盛り込んだ実施図面を書いてゆきます。細かな設計上の打ち合わせも、この段階で具体的に盛り込んでゆきます。

 

6.申請

実施設計がほぼ終わった段階で、建築主がどのような建物を建てるのかということを役所に申請します。これは建築確認申請とよばれ、建築基準法等に照らし合わせ審査されます。役所は確認申請だけでなく、工事中の中間検査、完了検査も行います。これらの許認可は各自治体だけでなく指定検査機関が代行できるようになっています。

 

7.見積

確認申請と並行して、実際に工事をする工務店さんに見積もりを依頼します。通常二三社の相見積もりをとし、工事内容を理解しているか、適正な価格であるかをチェックし、見積もりを調整してゆきます。工事価格が適当と判断できれば、施工者を決定していただき、施工者と工事請負契約を結んでいただきます。

 

8.監理

設計事務所は建築主の代理として、工事が契約書通りに行われているか、また適正な工事であるかどうか、実際に現場に足を運び細部にわたりチェックします。施工の状況によりやり直しの指示を出すこともあります。このように設計事務所には、建築主の利益を損なわぬよう施工者を監理する重要な役割があります。

 

9.竣工

役所による検査や、建築主による検査を経てようやく完成です。工務店さんから取扱いの説明などをへていよいよ引き渡しです。お引渡しの後も、メンテナンス等を通じて末永くお付き合いさせていただきます。